いつでもお問合せください
受付時間:24時間受け付け
  定休日なし365日 年中無休

お電話でのご依頼・お問合せはこちらへ

024-923-1563

スズメバチの食生活

スズメバチの巣を駆除するルイワン代表 農学博士の大類
蜂の巣駆除の概要

スズメバチは害虫たちに恐れられる天敵

スズメバチは,ヒトを攻撃して刺してくる怖い昆虫だとイメージするようで「百害あって一利なし」と思われることが多いようです。

ところが,スズメバチは,ハエやアブなどの衛生害虫や,森林や農業害虫であるコガネムシやアオムシ,ウンカ,ヨコバイなど多くの昆虫を大量に捕食してくれているのです。

見逃していけないのは,スズメバチたちは,多くの虫たちに恐れられている天敵として自然界のバランスを保つため重要な役割を果たしていることです。

巧妙に仕組まれたスズメバチの成虫と幼虫の関係

スズメバチは,昆虫を捕まえると強力な大あごで噛み砕き,筋肉部分の肉団子を作って巣に持ち帰ります。ところが,スズメバチの成虫は,この肉団子のような固形物を食べられません。

スズメバチの成虫の体型はウェストがくびれて細すぎるため,肉団子のような固形物は細すぎるウエストを通ることができず腹部の胃袋にゆきません。つまり,スズメバチの成虫は液状の食べ物を吸収できても,肉団子のような固形物を胃袋まで送り込むことができないのです。

スズメバチの成虫はどのようにして栄養を採取している?

スズメバチの成虫と幼虫の間には「栄養交換」という食物の巧妙なギブアンド テイクの関係があるのです。

スズメバチの成虫は,幼虫に肉団子を与えるとき,幼虫が飲み込めるような細かいサイズにくかみ砕いて口移しで与えられます。唾液腺が発達した老熟幼虫になると,口もとによだれのような透明な液体を分泌します。その分泌液を成虫がなめて栄養分を補給します。

実は,この分泌液は糖やたんぱく質を含み人間の母乳に匹敵する栄養価をもっているのです。これが,成虫の重要な栄養源となるのです。

つまり,スズメバチの成虫が狩りをするのは幼虫の餌となる肉団子を確保するためで,その餌をもらった見返りにスズメバチの成虫は、老熟幼虫が分泌する液体の栄養分をもらっているのです。

一方、スズメバチは,主にエネルギー源となる炭水化物を確保するため,クヌギ,コナラなどの樹液,イチジク,ブドウ,カキなどの熟した果実,アブラムシの甘露などを求めて訪れます。また,ヤブカラシ,サザンカなどの花蜜,などを求めても訪花します。

これらの炭水化物源は,成虫から幼虫に、成虫から成虫にと口移しで与えられ消化されます。スズメバチは,ミツバチのように蜜として巣にためることはありません。

身近にいるキイロスズメバチ・コガタスズメバチの餌は

わたしたちの身近にいるキイロスズメバチ,コガタスズメバチは,具体的にどのような餌を求め、どのような行動をしているのでしょうか?

それは、スズメバチの種類によって異なる独特の特徴があります。

キイロスズメバチは何でも餌にしてしまう!人間の食べ物まで!

キイロスズメバチは,小回りが利いて敏捷性が高く,中小型のハエ,アブ,セミ,トンボ,バッタなど多種類の昆虫やクモを狩ります。自然界のミミズや魚の死骸や生肉はもちろんのこと,さらには調理した魚や生の魚などや飲み残しのジュースなども餌とするなど人間の生活環境に順応してさえいます。

このような餌になる対象の広がりは,キイロスズメバチが都市に定着しやすい要因の一つになっています。

キイロスズメバチは,ミツバチの巣も襲撃しますが,ミツバチが巣に出入りするところをねらって1匹づつ捕まえては肉団子にして自分の巣に持ち帰る程度です。集団で巣を襲ってミツバチを全滅させ,蜂の子や蜜までもほとんど奪い取ってゆくオオスズメバチとは比べものになりません。

コガタスズメバチは好き嫌い少なく様々なムシを食べる!

コガタスズメバチの食性は広く,特にハエ目(ハエ,アブ)とハチ目(ハチ)で7割近くを占めるようですが,マメコガネなどの小型甲虫やアオムシなど多くの昆虫やクモなども狩ります(中村)。

コガタスズメバチは,さまざまな昆虫を餌の対象としている特徴とこじんまりとした巣の規模で餌を大量に必要としない特徴があるため,緑が少ない都市部でも餌が確保され定着しています。

コガタスズメバチの巣は、最大でもバレーボールくらいの大きさにしかなりません。活動する働き蜂の個体数はピーク時でも最大で 100匹ちょっとぐらいです。

オオスズメバチはスズメバチの頂点に君臨する天敵!

オオスズメバチは,身体が大きい分だけ敏捷な昆虫を捕獲するのが苦手のようで動きの鈍いセミ,コガネムシ,カマキリなどの大型昆虫やクモなどを狩ります。特に7~8月はドウガネブイブイの成虫が主要な餌となっており,固い表皮ごと強大な大顎で噛み砕いて肉団子を作り,巣に持ち帰ります。

秋になるとオオスズメバチの働き蜂の数が急速に増え,次世代の女王蜂や雄蜂も生まれてきます。さらに,オオスズメバチの幼虫は他の種類のスズメバチの幼虫とは比べものにならないほど巨大であるため,大量の餌が必要となります。

ところが,夏の間は昆虫などの餌が豊富ですが,秋になると餌となる昆虫が少なくなります。その深刻な餌不足を解消するため,オオスズメバチは,他の種類のスズメバチやミツバチの幼虫や蛹を狙って巣を襲うようになります。

オオスズメバチは,他の種類のスズメバチやミツバチが最も恐れている天敵として君臨しているのです。

オオスズメバチは,数匹~数十匹の集団で他種のスズメバチや二ホンミツバチ,飼育されているセイヨウミツバチの巣を攻撃し,数時間ないし数日を要して全滅させてしまいます。それから巣を占領し内部の幼虫や蛹をすべて餌として自分の巣へ運び幼虫に与えます。

そのため,他の種類のスズメバチは,秋になるとオオスズメバチから巣を守るため警戒し,神経質になっています。スズメバチの世界で,このような状況にあることがスズメバチによる刺傷被害が秋に集中する背景の一つにもなっています。

稀に問題になるモンスズメバチ・ヒメスズメバチの餌は

モンスズメバチとヒメスズメバチは稀に問題となるスズメバチです。これらのスズメバチは好き嫌いがはっきりしている「グルメ派」です。具体的にどのような餌を求め、どのような行動をしているのでしょうか?

モンスズメバチは,特にセミを好むグルメ派

モンスズメバチはセミを好む「グルメ派」です。セミがたくさんいる地域・場所には,モンスズメバチの生息が集中しているようです。

セミの少ない時期はトンボやキリギリスも狩るなど「グルメ派」ながらも,少しは餌とする昆虫に柔軟性があるようです。

ヒメスズメバチは,アシナガバチにこだわる超グルメ派

ヒメスズメバチは,アシナガバチにこだわって他の昆虫は狩らないというこだわりの「グルメ派」です(中村,2000)。ヒメスズメバチは,アシナガバチの巣を単独で襲って巣にいる幼虫や蛹を引き抜いてかみ砕いて,その体液を吸いつくします。

その体液は,食道の一部が袋状になっている素嚢(そのう)という器官に一時的に貯められます。ヒメスズメバチは,素嚢(そのう)に貯めていた体液を吐き戻して口移しで幼虫に与えます。ヒメスズメバチは,幼虫の餌としてアシナガバチを肉団子にすることはありません。

ヒメスズメバチに襲撃されている巣のアシナガバチの成虫たちは,抵抗することもなくやられるがままになっています。ヒメスズメバチが襲った巣は,何回でも襲撃します。

そのため,アシナガバチの成虫は殺さず,一回だけの襲撃で巣にいる幼虫や蛹を全滅させることはないようです。

 

(注)ヒメスズメバチはアシナガバチの巣だけでなく、コガタスズメバチの巣も襲うことがあるそうです(山内)。

参考文献

『原色図鑑 野外の害虫と不快な虫』(梅谷献二編、全国農村教育協会)中の「ハチの仲間」(松浦誠著,全国農村教育協会

『都市のスズメバチ』(山内博美著,中日出版社)

『スズメバチはなぜ刺すか』(松浦誠著,北海道大学図書刊行会)

『スズメバチ-都会進出と生き残り戦略』(中村雅雄著,八坂書房)

ハチの無料相談・お問合せはこちら

ハチ駆除・スズメバチ駆除の相談を電話受付

お電話での無料相談およびお問合せはこちら

024-923-1563
受付時間
24時間受け付け
定休日
365日 年中無休

ハチ駆除の専門家 ルイワン代表 農学博士の大類幸夫が直接、お答えします。

福島中央テレビ「福島ドクターズTV」に出演!

スズメバチの専門家として「スズメバチの生態」を解説しています。

代表ごあいさつ

スズメバチ駆除の専門家 ルイワン代表 農学博士の大類幸夫
代表 農学博士 大類幸夫

わたし大類がご依頼されたスズメバチ駆除・ハチ駆除をすべて行います。
また、わたしが電話でハチ駆除料金のお見積り、およびハチのお困り相談にお答えします。

ハチ駆除の対応地域

【福島県中通り】

郡山市,福島市,二本松市,本宮市,須賀川市,田村市,白河市,伊達市,桑折町,国見町,川俣町,大玉村,三春町,小野町,鏡石町,天栄村,石川町,玉川村,平田村,浅川町,古殿町,西郷村,泉崎村,中島村,矢吹町,棚倉町,矢祭町,塙町,鮫川村
 
【福島県会津】
会津若松市,磐梯町,喜多方市,湯川村,会津坂下町 ,柳津町,会津美里町,猪苗代町 ,北塩原村
 
【福島県浜通り】
いわき市,飯館村